読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真のバックアップは容量無制限のGoogleフォトへ

写真バックアップの手段

皆さんは、iPhoneのカメラロールに保存されている写真をどのように保存していますか? 筆者は、iPhoneiCloudフォトサービスができてからずっとiCloudフォトを使用していました。しかしそのサービスはバックアップとして活用するには良いものの、iPhoneのストレージ管理には不向きでした。端末内のカメラロールから写真を削除してしまうと、iCloud上のミラーファイルまで削除されてしまうからです。 そんなこともあり、1年前あたりから、OneDriveというWindows提供のストレージアプリを使用しています。

サードパーティ製のストレージAppだと、端末内の写真を削除しても、クラウドからは削除されません。 そして何より、筆者は既にOffice365という月々1400円程度のサブスクリプションに加入していたことが、このアプリを使用するためのカギとなりました。 Office365ユーザはOneDriveストレージ1TBを無料で使用できるのです。 こんなこともあり今ではOneDriveに落ち着いています。

ストレージ容量には上限がある

どのクラウドストレージAppにおいてもあたりまえの話ですが、ストレージ容量にはもちろん上限があります。 筆者が使用するOneDriveも1TBという上限があります。 筆者はそのOneDriveストレージには、WordやExcelなどの様々なファイルをぶち込んでいて、既にストレージは半分を使い切っています。 そのため、このまま使用して行くと、すぐに容量がなくなってしまい、容量追加購入を迫られてしまいます。

容量無制限の「Google フォト」

そこで筆者が見つけた神Appを紹介します。 それがGoogleから公開されている「Googleフォト」です。

このアプリは、カメラロール内の画像を画質を劣化させずにデータを圧縮してクラウド上に無制限に保管できる写真アプリです。 もちろん動画のバックアップも可能です。(60fps動画は30fps動画に変換されます)

バックアップだけじゃない

Googleフォトはジオタグを使用し、撮影場所別にフォルダ化できたり、AIによる自動認識により、誰が写っているのかにより分類したり、空の写真や、街の写真などのように、シチュエーションによって分類できたりします。 それにより分類された写真を一つのコラージュにする作業も容易です。 このアプリの最大の特徴は、ユーザが自らファイリングするのではなく、ファイルを放り込んで放置。AIが自動でフォルダを振り分けてくれるという方式というところです。

最後に

このアプリはバックアップを行うストレージアプリでもありますが、写真や動画などの様々な機能が使える写真アプリでもあるというところが他のアプリとの違いです。 皆さんも是非使って見てください。

Apple Musicに加入して1年が経ちました

みなさん。「音楽」聴いてますか?
昔から人は音楽を好み、その手段も時代によって変わって来ました。

音楽のヒアリング手段の変貌

一昔二昔前は、MDやCD、もっと前はレコードなどが主流で、その時代に曲を持ち歩くという概念が生まれました。さらに10年ほど前にはHDDやフラッシュメモリといった、新型光学記録媒体をもつ、iPodWALKMANといったポータブルデバイスが販売されるようになり、人が持ち歩ける曲は数万曲となりました。
しかし、現代。2010年代。急速なインターネットの発展により、人は音楽をクラウドからストリーミングしてヒアリングするという時代になりました。 まさにYouTubeなどがその火付け役の一つでしょう。
そうしたこともあり、各企業は定額制音楽ストリーミングサービスを始めたのです。

定額制音楽ストリーミングサービス

定額制音楽ストリーミングサービスとは、月額のサブスクリプション契約によって、そのサービスによって提供されている楽曲を無制限に楽しむことができるサービスです。
楽曲はダウンロードすることも可能ですが、基本はサービスを提供している企業のクラウドに保存されているため、小さなデバイスに保存するiPod等違い、何千万曲ものコンテンツを楽しむことができます。

なぜ筆者はApple Musicを使っているのか

定額制音楽ストリーミングサービスは数多くあり「Apple Music」の他にも「Google Play Music」や「AWA」「LINE MUSIC」などがあります。
どれにするかは、コンテンツの数や、登録者の数など様々な決め手がありますが、私がApple Musicを使う理由は、3つあります。

数多くの洋楽コンテンツ

Apple Musicは洋楽コンテンツに特化しており、その数は群を抜いています。
しかし、決して邦楽コンテンツが貧弱ということもありませんし、クラシックなどのコンテンツも豊富です。

iOS純正「ミュージック」アプリとして機能

iTunesライブラリをiPhoneで持ち歩き管理するための「ミュージック」アプリ内の機能として「Apple Music」が機能するため、長年CDをiTunesに落として、iPhoneの「ミュージック」アプリで聴いていた私にとってはこれまでと同じ環境で音楽を聴けるというのは素晴らしいことだと思います。

ちなみにApple MusicはAndroidにも対応しています。

Apple Musicにない楽曲も一緒に管理ができる

先ほど紹介したiOSの「ミュージック」アプリとして機能するということの延長線上のお話ですが、iOSの「ミュージック」アプリの最大の特徴は、Apple MusicのコンテンツとiTunesのコンテンツを統合できるというところです。
つまり「Apple Musicにない楽曲だけど、他の楽曲と一緒に管理したい!」という楽曲は、CDを買ってきて、自分でiTunesに落として、Apple Musicと統合してしまえばいいのです。

最後に

先ほど紹介したようにApple Musicでなくても、定額制音楽ストリーミングサービスは数多くあります。ほとんどのサービスは、1ヶ月以上の無料トライアル期間を設けているので色んなサービスを試してみて自分にあったサービスを見つけてみては?

写真も動画もこれ一つ!電子スタビライザー内蔵カメラアプリ

みなさんは、写真や動画を撮影する際にどのアプリを使用していますか?。 筆者は、写真は「Camera360」、動画は「iOS純正カメラ」、HDR写真は「Lightroom Mobile」、タイムラプスは「Hyperlapse」と使い分けています。

それぞれを使い分けるのにはもちろん理由があります。中でもHDR写真に使う「Lightroom Mobile」に関しては以前紹介しています。 everydayiphone.hateblo.jp

全ての機能が一つに!

筆者が写真や動画アプリを使い分ける理由は、それぞれに良い点があるからです。
本日はそれらの良い点が全て揃った「musemage」というアプリを、それぞれのシチュエーションに筆者が求める機能と共に紹介します。

写真の場合

普通の写真を撮影する際には「Camera360」を使用しています。 「Camera360」は200を超える多様なカメラフィルターが用意されています。 私は屋内か屋外や、天気によってフィルターを変えたいタイプなので、フィルターの数が多い「Camera360」は私にぴったりでした。

しかし今回紹介する「musemage」もフィルターの数が非常に豊富で44個のスタイルフィルターと34個のレンズフィルターが用意され、組み合わせは1496通りにも及びます。

動画の場合

動画に関してはあまり良いアプリがなく、iOS純正カメラを使用しています。仕方が無しに使っているわけではなく、普通に使いやすく、重宝しています。しかし、最大の問題点は手ぶれ補正機能がないことです。
筆者は片手で撮影することが多く、よくブレッブレの動画になってしまうことも多くあります。 しかし「musemage」の場合、非常に高機能な電子スタビライザーを内蔵しており、手ブレを一切感じさせません。
比較動画を御覧ください。  


iOS純正カメラ スタビライザー テスト


musemage スタビライザー テスト

最後に

また、タイムラプスやHDR撮影にも対応しており、筆者にはピッタリなアプリだと実感しています。 このようにたくさんの素晴らしい機能が一つに詰まったカメラアプリ「musemage」皆さんも使ってみては?

Google製キーボード 大ヒットの可能性も

Gboard — a new keyboard from Google

Gboard — a new keyboard from Google

  • Google, Inc.
  • ユーティリティ
  • 無料

Gboardとは

Gboardとは、Googleが提供しているスマートフォン向けキーボードで、海外ではとても人気のアプリです。

何故日本で流行らないのか

理由は単純で、日本語対応していないからです。しかしGboardにはとても素晴らしい機能があるのです。

シンプルで使いやすいキーボード

Gboardのキーボード画面はこちらです。 文字入力画面は純正キーボードと同じように、シンプルなデザインになっています。 f:id:everydayiphone:20170318224935p:plain

もちろんインライン入力にも対応し、遅延も全く感じられません。 f:id:everydayiphone:20170318224939p:plain

Google社が提供するコンテンツならではの機能

Google社といえば、検索エンジンGoogle」でお馴染みですが、Gboardはその「Google」の機能を最大限生かすことができるキーボードです。

こちらのボタンを押してみると… f:id:everydayiphone:20170318224943p:plain

このような画面が出てきます。 f:id:everydayiphone:20170318224946p:plain

これは、何の画面かと言うと、Google検索エンジンの画面です。 もちろんこれで検索することも可能です。

f:id:everydayiphone:20170318224952p:plain

この機能があれば、何かメモを取っている最中に気になったこともすぐに検索することが可能なのです。

GIF画像検索にも対応

GboardはGIF画像にも対応しており、入力した内容に近いGIF画像を表示してくれます。 f:id:everydayiphone:20170318224956p:plain

またクリップボードにコピーし、貼りつけることも可能です。 f:id:everydayiphone:20170318225001p:plain

日本語対応すれば、大ヒットの予感

私は基本的にSimejiなどのサードパーティキーボードは嫌いです。 私の所有iPhoneとの相性の問題かもしれませんが、遅延が非常に気になり、使ってられません。 しかし、このアプリは遅延も全く感じられず、さらにGoogle検索という高機能なサービスが付いています。 無料ということもありますし、これは日本語に対応すれば、大ヒットすること間違いなしでしょう。

Gboard — a new keyboard from Google

Gboard — a new keyboard from Google

  • Google, Inc.
  • ユーティリティ
  • 無料

『スマホでHDR』に大改革!Lightroom新機能「RAW HDR」紹介

f:id:everydayiphone:20170308221707p:plain:w100 今日は、アドビシステムズ社が3月7日に発表した「Lightroom」アプリの新機能、RAW HDR撮影機能を早速使って見たので紹介します!

iOS純正カメラアプリのHDRとの比較

iOSHDR機能、とても操作性がよくワンタップでHDRの設定ができるという利便性に加え、とても高品質なHDR画像が撮れます。 さて、「Lightroom 」の新機能RAW HDRはどのようなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか。

まず1枚目は筆者所有のiPhone6sで撮影したHDR処理も何もしていない無修正写真です。 黒つぶれや白とびが多く見られますね。 f:id:everydayiphone:20170308221608j:plain

続いてiOSHDR機能を使った写真です。 電光掲示板やライトアップされる広告の文字が確認できるまでに飛びが減りました。 さすがはApple様ですね。 f:id:everydayiphone:20170308221629j:plain

そして最後が「Lightroom 」のHDR機能を使用した写真です。まぁとりあえず見てみてください。 f:id:everydayiphone:20170308221651j:plain なんということでしょう笑笑

電光掲示板や広告だけでなく、画面下部の茂みが黒く潰れておらず鮮明に表示されています。 そして何より驚いたのは画面に大きく映る街路樹なのですが、ここまで鮮明に映るとは思っておらず筆者自身かなり驚いています。

街路樹の枝などの細かい物体はコンピュータを使ったHDR合成ではとても難しく、ここまで綺麗に表示されるのは素晴らしいですね

ちょっとした問題点も…

Lightroom 」には問題点が一つだけあります。 それは、HDRの合成処理時間がとてつもなく長いことです。先ほどの写真の場合は、60秒ほど待たされました。 iOSHDRなら1秒と待たずして処理が完了するのに対して、これは大きな問題点ですね。

最後に

Lightroom 」のクォリティをとるか、iOS純正HDRのスピーディさをとるか。 これは大変重要な分かれ目かもしれませんね…

筆者としては、手軽に撮りたい時はiOS純正HDR、ビシッと決めたいときにはLightroom と、使い分けていきたいと思います。

【今週の無料App】3D表示のおしゃれカレンダーアプリ「Vantage Calender」紹介

Vantage Calendar

Vantage Calendar

  • Fortyfour AB
  • 仕事効率化
  • 無料

少し遅くなりましたが、3月3日から無料配信が始まっている「Vantage Calender」というアプリを紹介いたします。

今までにない斬新なデザイン

「Vantage Calender」の最大の特徴である。奥行きのある3D表示、これまでに奥にスクロールされるカレンダーアプリを見たこたがない筆者にとっては非常に度肝を抜かれるデザインだ。

このデザインはただ、「おしゃれ」なのではなく、それなりのユーザビリティもあるのだ。

直感的操作が可能なUI

ボタン類はわかりやすい記号が用いられており、どのボタンを押せばどの機能が作動するのかがとてもわかりやすい。

ちなみにこのボタンを押すと…

このようなよく見る日別時間別スタイルで表示することも可能だ。

豊富なカラーバリエーション

このアプリには近未来的なカラーの他にも、日常的でおしゃれなカラーもたくさん揃っている。

イベントのグループ分けがしやすい!

iOS純正カレンダーアプリを始め、ほとんどのアプリでイベントをグループ分けする手段というのはカレンダーの切り替えしかなかった。

しかし、このアプリはカレンダーの中でもカラー、ステッカーに細分化することができ、イベントの見分けがしやすいのだ。

最後に

いかがでしたでしょうか。3月3日から1週間の間は無料配信されているので、このきかいに是非お試しください。

Vantage Calendar

Vantage Calendar

  • Fortyfour AB
  • 仕事効率化
  • 無料

SIBUYA Masanori さん 純正アプリにプラスワンポイント!シンプルなアプリ紹介

皆さんこんにちは。iPhonerです。

皆さんはSHIBUYA Masanori という方をご存知ですか? f:id:everydayiphone:20170305202315p:plain 本日紹介するSHIBUYA Masanori(以降:シブヤさん)はこちらのアプリたちを作成されている方です。

シブヤさんのアプリは何が良いのか?

iOS純正アプリにプラスワンポイントの発想

シブヤさんのアプリの最大の特徴とも言える、余計な機能は入れずに、iOS純正Appにプラスワンポイントという発想。

例1 カレンダー+

例えばこの「カレンダー+」というアプリ。 f:id:everydayiphone:20170305202318p:plain

iOS純正Appでは点でしか表示されないイベントですが、「カレンダー+」ではイベント名まで表示されます。 ここまでは、他のサードパーティ製カレンダーアプリと変わらないのですが、「カレンダー+」のすごいところは、他に余計な機能が入っていないところです。

他に機能が入ってないないことでiOS製AppならではのUIのシンプルさ、ユーザビリティがあります。

例2 計算機+

続いてはこちらのアプリです。

f:id:everydayiphone:20170305202322p:plain

ここまでは普通のアプリですが、このアプリのプラスワンポイントは…

こちら!

f:id:everydayiphone:20170305202328p:plain

式が確認できるのです。 この機能は使い始めてやっと必要性を感じることができました。 今では式確認機能がない電卓をあまり使おうと思いません。

今日は、2つしか紹介しませんでしたが、シブヤさんのアプリには、ほかにもこのようなプラスワンポイント機能があるアプリが多数あります。

動作の軽さが素晴らしい

シブヤさんのアプリはとても動作が軽く、クラッシュの件も筆者自身ありませんし、レビュアーさんからも聞いたことがありません。 非常に洗練され、シンプルなUIで非常に安定感を感じます。

最後に

以上、本日はシブヤさんのアプリをご紹介しました。下記には本日、例として取り上げた2つのアプリと、それらの体験版アプリのリンクを置いておきます。

+カレンダー

+カレンダー

  • SHIBUYA Masanori
  • 仕事効率化
  • ¥360
計算機+ 式が見える電卓

計算機+ 式が見える電卓

  • SHIBUYA Masanori
  • ユーティリティ
  • ¥360

体験版↓

+カレンダー 無料版

+カレンダー 無料版

  • SHIBUYA Masanori
  • 仕事効率化
  • 無料
計算機+ 式が見える電卓 無料版

計算機+ 式が見える電卓 無料版

  • SHIBUYA Masanori
  • ユーティリティ
  • 無料